支援金系詐欺/BRIGHT(FORDHAM VIENNA INTERNET SERVICES INC.)の口コミ

突然入ってきた高額金当選のメール

きっかけは突然入ってきた、海老原昭一という人から国家レベルの抽選で選ばれたといった内容のメールでした。日本の中でランダムに選ばれた人に12億円送金されるチャンスが与えられ、しかもこのチャンスは二度とこないと書かれていたので思わずクリックしてしまい、BRIGHTに登録しました。

さも正式な手続きのような案内や誘導

弁護士の登場

12億円を渡すまでの流れを説明され、まず口座の文字化け解除をするために1000円分のポイントをコンビニの電子マネーを買って支払うように言われました。
次に、文字化け解除された状態になったので口座番号を海老原に教えるように言われたので口座を登録、その後すぐに海老原昭一の弁護士である田中さんという方から連絡がはいったので信用してしまいました。

金融支援庁なる機関

その翌日「送金したので、確認してほしい」という連絡が海老原からきたのですが、口座を見ても何も送金されていませんでした。「送られてないです」と返信したところ、大金の額を個人口座に振り込むには金融支援庁による支援金対象者の手続きをしなくてはいけなかったと言われ、そのための費用で更にお金を支払うように言われました。
金融支援庁という国の機関があるんだと思い、国から依頼されているとか対象者としてふさわしいか手続きしないと法律違反になるとか書かれていたので怖かったのと、必要な手続きならしかたないと思いこれも支払いました。
また、この額を送金するには一旦仮想通貨を現金化して送金しないといけないので、その処理が必要と言われ、その変換費用でもまた課金しました。

色んな人から大量にくるメール

このやりとりの間にもたくさん他の人からメールがきていました。年代も性別もバラバラで、10人くらいはいたと思います。
たとえば「あの海老原昭一を知っていますか?」「知っていたら情報を教えてください。何でもします」といった内容のメールや、すでにもらったらしい人から「あなたはまだ手続きをしていないんですか?海老原昭一から確実に送金してもらえますよ!」といったメール。サイバー犯罪パトロールといった組織からは、今回の支援で自分がほかの人から支援を受けていないか見張っているというようなメッセージがありました。その監視対象になっている人たちをブラックリストとしてさらされていたので、何もしていないけどいつかそのリストに氏名が載ってしまうんじゃないかと怖くなりました。

返信や支払いを促すメールに不信感

これまで色々な手続き分を支払っても全然送金がされないので、不信感がだんだん出てきて「全然送金してくれないじゃないですか」とメッセージを送りましたが、「大金を送金するのに必要な手続きで、もう少し貴方の口座に12億円が入ってくるのだから協力するべきだ」と強気の返事が返ってきました。
心が折れて、しばらく返事をしていないと海老原から「12億円が欲しくないのですか?」や「あなたは人生に一回のチャンスを無駄にしようとしている」など強い言葉で一日に何度もメッセージが届きました。
弁護士の田中からも「海老原様はいつでもあなたの口座に送金できる準備が整っている」とか「このままだと支援者不適格で法律違反になる。」など今後トラブルになるようなことも言ってきました。

他にも色々な副業サイトで怪しいと思って相談していたので、もしかしてこれも詐欺なのかもしれない…と思って相談したところ、支援金詐欺だということがわかりました。

詐欺に遭ってるかも…少しでも思ったらすぐに相談!

Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>すぐに相談!取り戻せ!

すぐに相談!取り戻せ!

■運営元 Duelパートナー法律事務所
https://duel-lawoffice.jp/
代表弁護士 正 野 嘉 人
東京弁護士会所属 登録番号 第 19816 号

■住所 〒101-0041
東京都千代田区神田須田町1-2-7
淡路町駅前ビル9階

【お電話でのお問合せ】
フリーダイヤル:0120-880-025
※ 携帯電話からもご利用いただけます。 24時間365日、無料にて受け付けておりますので、お気兼ねなくご連絡ください。

CTR IMG